もし、Windows8で起動しないトラブルが発生していてここにたどり着いた方は残念ですがここでは解決しません。あしからず。何度か回復させたこともあるので対処法はあとでまとめようかと思います。

Windows8には高速スタートアップという機能が標準でONになってます

どーゆーことかというと、
・そんなに設定変えないでしょ?
・だから前回起動してた設定でさっさと動かすけどいいよね?
って感じです。
ようは、サスペンドと休止状態のいいとこ取りをした感じ?なのかな。

この設定が有効になっていると、電源ONにしたときはPCに保存してある構成で起動してきます。この状態でハードウエア構成を変えたらどうなるか?

 起動しなくなる

これにハマりました。
メモリを増やしたりHDDを増設したりすると効果てきめんです。
このトラブルを回避するにはどーすればいいのか?


 高速スタートアップをoffにすればいい

これだけです。

ぶっちゃけた話、私の使ってるへっぽこスペックなPCですけど高速スタートアップをoffにしてもそんなに気になりません。

お約束ですが、

**注意というか警告**
ここから先は自己責任で、おかしくなっても責任は取れません。
つーか、このくらいのことでビビるならあきらめたほうがいい。

コントロールパネル
->電源オプション
->電源ボタンの動作を選択する
->電源ボタンの定義とパスワード保護の有効化

と進んでもいいですが、もっと簡単な方法がありました。

画面左下で右クリック



で、電源オプションまで行けます。

シャットダウン設定にある
”高速スタートアップを有効にする(推奨)”
のチェックを外しておけば大丈夫。



ただ、ここにも罠があります。
チェック欄がクリックできないよーという方。
焦らずに、ちょっと上のほうにある
”現在利用可能ではない設定を変更します”
をクリック。そうすれば変更できます。

これでキッカケ(死語)が発生してHDDやメモリ、グラフィックカードを追加しても大丈夫(かも)