先に書いておきます。
あまりおすすめは出来ないかなと。
かなり割り切った使い方しないとダメかも。
値段相応ってやつです。 

父親の知り合いがプリンターを買うという話になり、ちょうどこいつを買ったらしいという話だったので見せてもらいました。
というか、箱に入ったままでセットアップさせられるという悲しい状況。
ま、タダでは受けませんでしたよ。
車で移動したので満タンにしてもらいました。

で、セットアップ作業です。出だしでつまづきました。

 接続用のUSBケーブルを買ってなかった

ま、お約束ですな。
付属品をちゃんと確認しなかったのが悪いのですけどね。
仕事用の私物が入ったかばん(PCトラブル対策の私物)の中からUSBケーブルを使って接続することに。
もう少し早くわかってれば新品を調達してから行けたのに…

最近のプリンタはケーブルが付属してないことが多いので買い忘れのないように

接続方法は、
かんたんスタートガイド
http://cweb.canon.jp/manual/bj/ip2700/ip2700-gs-jp-v2.pdf


を見ながら説明しつついっしょにやりました。
これをやっておかないと何かトラブルがおきたときめんどくさいですからね。

お約束通りで、付属CDを入れればOK。
あとは指示通りやれば問題ないです。

で、テスト印字をしてわかったこと
良い意味で書くとこうなる。

電源ONから印刷可能になるまでが結構かかる
-3分くらいかかるかな(実測値)
-音も結構うるさい
印刷時の動作音はそれなり
-おもったより静かでびっくり
-もっとうるさいかよ思ってました
印字も値段の割には綺麗
-そこはキヤノン
-でも、カラー印字はちょっと残念
印字スピードはそれなり
-やすい分だけ時間はかかる
-文書だけなら我慢できるかも
紙のセット方法がシンプルなのでトラブルは少なそう
-これは大きいかも

でも、このプリンタで年賀状を100枚とか出すには向かないかなと思いました。
はがきサイズで全面写真とかにしてしまうと、1分間に1枚が限界かも。
-カタログスペック上も写真品質での印字がLサイズで48秒/枚とかになってます

あと、インクカートリッジが思ったより高い。
ま、理由はヘッド一体型のFINEカートリッジだからですけどね。

このカートリッジの利点は

カートリッジ交換さえすればヘッドも新品になる

これにつきます。
日本国内における家庭用プリンタの大半は、年賀状印刷のために年末一番稼働します。
その時に発生するトラブルは、インクの固着。
それをカートリッジ交換すれば対応できるっていうのは利点。

ただ、純正品は高い。
カラー、モノクロを1本づつ買うとプリンタ代金を超えます。
ありえない値段です。

キヤノン FINE カートリッジ BC-310 ブラック
キヤノン (2008-10-03)
売り上げランキング: 36
キヤノン FINE カートリッジ BC-311 3色カラ-
キヤノン (2008-10-03)
売り上げランキング: 48
最新の価格はリンク先で。

ならばどうするか?
詰替えはちょと怖いという方向けは、互換インクかなと。


これならプリンタ1台分よりは安く買えそうです。

最後に、大事なお話。
このプリンタは現行でも出荷はされてるみたいですけど、相当古い機種です。
PC関連の機器は、1年たったらフルモデルチェンジされるくらいな感覚でいないとダメ。
修理等を考えず、使い潰すならいいですけど、長期的に末永く使うのには向かないかも。