希望の轍

好き勝手なブログです。 IT系中心ですが、かなり脱線しますんで

Windows8 高速スタートアップ あれこれ

もし、Windows8で起動しないトラブルが発生していてここにたどり着いた方は残念ですがここでは解決しません。あしからず。何度か回復させたこともあるので対処法はあとでまとめようかと思います。

Windows8には高速スタートアップという機能が標準でONになってます

どーゆーことかというと、
・そんなに設定変えないでしょ?
・だから前回起動してた設定でさっさと動かすけどいいよね?
って感じです。
ようは、サスペンドと休止状態のいいとこ取りをした感じ?なのかな。

この設定が有効になっていると、電源ONにしたときはPCに保存してある構成で起動してきます。この状態でハードウエア構成を変えたらどうなるか?

 起動しなくなる

これにハマりました。
メモリを増やしたりHDDを増設したりすると効果てきめんです。
このトラブルを回避するにはどーすればいいのか?


 高速スタートアップをoffにすればいい

これだけです。

ぶっちゃけた話、私の使ってるへっぽこスペックなPCですけど高速スタートアップをoffにしてもそんなに気になりません。

お約束ですが、

**注意というか警告**
ここから先は自己責任で、おかしくなっても責任は取れません。
つーか、このくらいのことでビビるならあきらめたほうがいい。

コントロールパネル
->電源オプション
->電源ボタンの動作を選択する
->電源ボタンの定義とパスワード保護の有効化

と進んでもいいですが、もっと簡単な方法がありました。

画面左下で右クリック



で、電源オプションまで行けます。

シャットダウン設定にある
”高速スタートアップを有効にする(推奨)”
のチェックを外しておけば大丈夫。



ただ、ここにも罠があります。
チェック欄がクリックできないよーという方。
焦らずに、ちょっと上のほうにある
”現在利用可能ではない設定を変更します”
をクリック。そうすれば変更できます。

これでキッカケ(死語)が発生してHDDやメモリ、グラフィックカードを追加しても大丈夫(かも)


Windows8 のよいところ 悪いところ

Windows8使ってますか?
嫌がってる方々もいるかもしれませんが、私は発売してすぐに乗り換えをしました。
なぜ?ってよく聞かれるのですけど、理由は単純。

 さっさと64Bit環境にしたかった

これがメインです。
Windows7のときに64Bit版を買っていたんですけど、どーしようもない事情により32Bit版と交換せざる負えない状況になりライセンスを交換。それ以降そのままになってました。

あとは、今使ってるPCだとXPではデバイス関連のドライバインストールに3時間以上かかるので論外。Vistaはライセンス持ってない。7は32Bit版しかない。Windows8のプレビュー版が出た時からさっさと移行してたのでなんなく製品版も使ってます。

スタートボタンがなくなったことをいまだに言ってる方々いますけど、

正直アホじゃないかなと思います。

XPやVista、7を使ってる方でスタートボタンってそんなに使いますか?
普段使うアプリなんてタスクバーにピン留めしておけばいいんですよ。(Windows7からの機能?)
そーすれば使い勝手いいですよ。

電源切るとき?最初は困りましたよ。でもAlt+F4って今でも使えますよ。それじゃダメですか?

実際に困った話しもあるんですけどね。

Windows8+SSDだとWindows8 高速スタートアップの恩恵をフルに活用出来ます。Windows8 高速スタートアップって何?って。ようは前回起動時のハードウエア情報を予め保存しといてどーせ変えないだろって前提条件の元そのまま起動するっていうMSの手法です。
だから勝手にハードウエア構成をかえるとトラブルの元になるみたいです。
これだけは非常に困ってます。
ま、解決法があったので対応はしてますけど。

とりあえずはじめてみる

自由気まま。
それなりに書いてみる。

PC関連のブログ。

ま、気楽に行きます。